NEWS

About Braces

皆さんは、革商品を手にするとき
どんなことを考えて「買おう!」と思いますか?

可愛い、使いやすそう、お手頃な価格、、、
様々な理由があると思いますが
僕が気になるのは製作者の想いや背景だったり。

そんなわけで、ここでは
僕がレザークラフトを始めたきっかけや
作る時に何を想っているかを伝える場にしたいと思います。

-きっかけ

きっかけは、中学生からはじめ大学2年生までの7年間続けた、野球のグローブでした。
僕は野球人生の中でグローブを磨く時間が大好きでした。
時にはチームメイトのグローブを磨いたりすることもあり、その度に使う人それぞれに色んな味があることに気づくんです。
今思えばその気づきの瞬間が特に好きでした。

その頃から革そのものの奥深さにハマっていったような気がします。野球を辞めた後、なにか趣味を見つけようと一念発起、、、
そして始めたのがレザークラフトでした。

独学でネットや本などを色々と調べていくうちに、その楽しさに夢中になりました。

-どういう思いで作っているか

気を張らずに使える、愛着の湧くレザー製品を目指しています。
1番の魅力は持つ人それぞれレザーの表情が違うという部分です。

使う人それぞれに色んな生活パターン、その人自身の癖があります。そういった環境により革の味の出方は変わってきますので、それも含めてレザーの経年変化を楽しんで欲しいと思っています。

手入れが大変そう等の理由で敬遠している人達にももっと気軽に楽しんで使ってもらえるようシンプルなデザインを意識しています。